Twitter.Instagram: @kogumaza_h
web: http://kogumaza.net
weibo: KOGUMAZA

---2020年---
iMda collaboration doll
4/19 Dollyparadise in Shanghai

---2019年---
3/10 ドールショウ55
5/12 コミティア128
6/9 ドールショウ56
夏 新作ドレスweb shop
7/14 I DOLL56
7/20-9/23 書泉ブックタワー 針子少女サイン単行本 色紙
10/19 Blythe Con Fashion Tour Japan
12/1 I DOLL57

---2018年---
7/1 ドールショウ横濱2
8/ 書泉ブックタワー サイン本サイン色紙フェア
8/19 コミティア125
10/6 アラモードマーケット30
11/25 コミティア126 P&R掲載
12/29 コミックマーケット95 新刊『針子少女6』

---2017年---
1/15 ドールショウ48
2/12 コミティア119(インタビュー掲載)
3月 螢曠咫璽献礇僖鵝Dollybird vol.25』
4/21〜5/8 螢撻奪肇錙璽ス
「PW-momoko ae ファンタジアパレード」監修ドール発売
5/4 ドールショウ50
5/6 コミティア120
7月 螢哀奪疋好泪ぅ襯ンパニー Harmonia bloom
ハチミツとクローバー衣装サンプル制作
9月 DollyBird vol.26螢曠咫璽献礇僖 掲載
<< Happy new year🎉 | main |
Traveling girl iMdadoll

 

Traveling girl

 

Dear friend

Your sky is broad.

You can go anywhere with just one bag.

 

iMda collaboration doll

KOGUMAZA Hiroko

 

衣装のみ担当のワンオフコラボレーションです。

メイクやウィッグなどがセットされた後、

オフィシャルHPで販売されるそうです。

詳しくはまたその時お知らせします。

 

久しぶりにワンオフ衣装の制作に約1か月専念でき

楽しかったです。ありがとうございます。

今回コラボレーションさせていただくにあたり、私なりの想いを綴ります。

 

iMda作家Linさんのブログ→http://imdadoll.com/corean/frame3.htm

昨年夏、韓国のiMdaアトリエを訪問し、Linさんと再会しました。

初めてJinさんに会いました。

少ない時間を楽しく過ごし、別れの時、私は寂しくなりました。

でも言葉の表現がわからず、思わず抱きついてしまいました。

気持ちが言葉より先に行動を促したその不思議な体験を

私は何故か幸せに思いました。

そして、忘れたくない、とも思いました。

 

しばらくして、日本でJinさんに会う機会ができました。

都内の混雑した駅前で待っていると、

鞄を持った彼女が小走りでやって来ました。

彼女は、日本の創作人形教室で勉強をするために、

ひとり韓国から日本に来ていたのでした。

その事にとても感動したし、すごいなぁと思いました。

その夜、ゆっくり話をして、

彼女がいろいろな国を旅していることを知りました。

今日は鞄に作りかけの人形が入っていたけれど、

いつも、鞄にいろいろな思いを詰めて、

行く国々でたくさん良い経験をしているのだろうな、と

彼女の背景に、大きな空を想像し、

彼女の将来の夢と旅が、うまくいくことを心の中で願いました。

 

私が人形の服を作り続けてもう15年以上がたちます。

iMda dollを初めて知ったのは8年くらい前。

あの頃は周りに誰もiMda dollを知っている人がいなくて

ひとりでひっそり集め服を作っていました。

それから何年かの間、日々が忙しくなり、

iMdaの衣装を作りたくても、新しい服を作ることができずにいました。

今回、Linさんと再会し、依頼をいただいた時、

今自分が再びiMdaの服を作る意味を考えました。

いつも通り、普通に、ワンピースドレスを作れば良いのだろうけど、

それはもう8年も過ぎた今する必要がないと思いました。

 

iMda dollは昔も今も変わらず、大好きです。

昔と今と何が変わっただろう?と考えたとき、

人形を通じて知り合い、親しくなったLinさんとJinさんを

人形とは関係なく好きであるということでした。

だから、二人へのメッセージを込めた服をつくろうと思い立ちました。

 

鞄ひとつ抱えて、大きな空の下を自由に旅する

二人とiMda dollの未来が、どうか素晴らしいものでありますように。

 

心から

Hirokoより

iMda 00:00 -